英語の勉強をする目的がない!そんな場合は○○を強化すべし

前回、英語の勉強を始めるにあたっては、

まず目的をはっきりさせるのが無駄を省く上では大切

という話をしました。​​

でも中には

  • 考えてみたけれど特に目的が思い付かない
  • それでも英語を勉強しなきゃまずいかも、と思っている

という焦りにつき動かされて勉強を始める人もいるかもしれません。

そんな人に「とりあえずこれをやっておけ」とお勧めしたいのがリーディング。

英文を読むことです。

私も特に英語を使う必要性がない中で勉強をはじめたので、最低限のリーディングができるようになるのを目標にスタートしました。

では、なぜリーディングをやったほうがいいのでしょう。

それは将来本格的に英語が必要になったときに、リーディングさえできていればバッチリ基礎力がついているからです。

つまり目標ができた時点で、前回話したような目的に合った勉強と練習を重ねていきやすい土台を作れるのです。

もちろんゼロやイチからはじめるよりも、目標達成への時間は大幅に短縮できます。

すべての基礎になる読解力

ここで言う読解力とは、中学校や高校でやってきたような英文和訳のことではありません。

頭から英文を読んで、そのまま理解できることです。

日本人は学校で和訳を徹底的にやらされるので、和訳をしないと落ち着かない人や、返り読みが身に付いてしまっている人も多いかもしれません。

でも英語を返り読みしたりいちいち構文解析しているようでは、面倒くさくて情報収集には使えませんよね。

それにリスニングの時も、全部の単語が知ってる単語でなおかつ聞き取れているのに、まるっきり理解できないと言うことになります。

リスニング問題で解答のスクリプトを見たら英文が理解できるけど、耳から聞くと全く理解できないと言う事はありませんか?

ちなみに私は完全にそのタイプでした。

これは耳の聞き取り能力というより、むしろ読解力の問題です。

つまり頭から英文を理解できるようになると、リスニング力もアップするんですね。

インプット全体の根底を支える力、リーディング

会話やライティングなどのアウトプットをするためには、まずそれなりの量の英文に接する必要があります。

目から読んだり耳から聞いたりなど、接し方こそ一見違いますが、どちらにしろアウトプットするためにはまずインプットから。

つまり発音以外で最初にやるべきことは、英文を読む練習なんですね。

単語、文法…リーディングには英語の基礎力が必要

英会話の場合、表情や身振り手振り、あるいは地図やイラストなどで意思疎通が補える場合もあります。

それに比べてリーディングの場合、イントネーションの強弱もないので、純粋に言葉だけで書き手の意図を理解する必要があります。

これには基本的な文法の知識や語彙力だけでなく、それなりに積み重ねが必要になります。

ここで言う積み重ねとは

  • 英文読解に必要な基本的な英文法の勉強
  • 読んだ英文の量

などを指します。

ちなみにここで言う「基本的な英文法」は、ビッグファットキャットの本で学べます。

基本的な英文法を全く知らないまま多読に挑戦しても、時間がかかります。

それに英文法を少し勉強しておくだけで、英文を読めば読むほど知識と経験が結びついて、どんどん英語を読むのが得意になっていくんですよね。

また、いくら英単語を大量に覚えても、実際に英文を読まなければ単語の実際の姿は分かりません。

英文の中で実際に使われているのを見て

「こんな風にも使うんだ」

という小さな発見を重ねていくことが、本物の使える有機的な知識につながっていきます。

それになんといってもこういう発見をするたびに、外国語を学ぶ楽しさも実感できるものです^^

まとめ

リーディングは英語学習の基礎です。

英文を読むことが得意になればインプット量が激増しますし、いくら耳が良くてもリスニングすら読解力がないとできません。

英文読解の力を身に付けるには

  • 基本的な構造(英文法)の勉強と理解
  • 量をこなす

等の積み重ねが必要です。

ですから目的がないなら、とりあえず英文を読めるようにコツコツと訓練を重ねましょう。

それが英語学習の最高の基盤になります。

いずれ英語が必要な目的ができたときに、一気に力をつけられるように備えておきましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
おすすめの記事