このサイトについて

こんにちは、このブログを運営している乙吉恭歌です。
当ブログに興味を持ってくださって、ありがとうございます。

このサイトでは、英語学習のときに調べた

  • 英文法
  • 英語の表現
  • 英語の勉強法

を、主に自分の理解を深めるために書いていきます。

長々私的なことを書いてもしょうがないのですが、少しだけ自己紹介させてください。

長らく療養中です

勉強を始めたきっかけのひとつでもありますが、現在も病気療養が続いています。

最初はうつ病で身動き取れなくなった…と思いきや実は双極性障害で、3回目の転院(というかセカンドオピニオン)でようやくそれが判明するまでうつ病の治療を受け続けたため病状が悪化し、長いことトイレ行くにも苦労するような寝たきり生活をしてました。

双極性障害の治療を受けるようになってからはめざましく回復。

そして体力も付いてあちこち出かけられるようになった矢先に、今度は喀血しました(^-^;)

そこから3ヶ月ちょっとで車椅子使うほど体の自由がきかなくなりました。
今度は別の意味で寝たきりです。

一時期は寝返りも自力でできない状態になり、何度か「あとどれくらい持つんだろ」と思いましたが、生活丸ごと見直してなんとか復活しました。

まだまだ体力回復してなくて不自由ながらも、起きていられる時間が少しずつ増えてきています。

腰据えて英語をやり直す

さて、自分の腕すら動かせない時はともかく、体を起こしていられるようになると、何かをやりたくなってくるものです。

そこでずっと気になってた英語のやり直しに挑戦することにしました。

なんで英語が気になってたか?

私はよくインターネットで調べものをするのですが、調べたいことがニッチなのか、日本語ではほとんどヒットしないことが昔から多かったんです。

でも英語で検索すると、結構ちゃんと見つかったりする。

そんなとき私は脊髄反射の勢いでGoogle翻訳に全文突っ込むのですが、いくら機械翻訳の性能が良くなったとはいえ、文意が取れないケースもままあるんですよね。

そんなときは泣きながら原文見て解読を試みるのですが、いい加減いちいち泣くのも面倒になってきたので、それほどストレス感じない範囲で英文に接することが出来るようになれれば…と思ったのがひとつ。

わたしの英語力の問題点

そしてもうひとつ深刻なのが、

「単語の意味は全部わかってるっぽいのに、文になったらなんと言ってるのか全然わかんない問題」

です。

中学高校とろくに英語の勉強をしなかったので、文法の知識がないのが原因でしょう。

かといって英文法というものには、ものすごい拒否感を感じます。

うん、そもそも文法を解説する日本語がわからない。

あとテストで必ず足を引っ張ってきたのが文法というのも、小さい頃にいじめられた親戚のお兄ちゃんに法事で顔を合わせなければならないような気まずさがあります。

でもどうやら文法を避けている限り、いつまでもGoogle翻訳やDeepLに頼りっぱなしでいちいち泣く情報収集が待っていそうです。

あと実は文法の知識が足りないだけでなく、ボキャブラリーもめっちゃ足りないことがわかってます。

どれくらい足りないかというと、大学受験…ではなく高校受験用の英単語集を見て知らない単語があるくらい、ボキャブラリー少ない。

なんとなく知ってる分野だと推測で読めること多いからスルーしてきたけど、高校生向けの参考書読んでもまず単語から調べるこの現状。

さすがに非効率すぎです。

要するに文法も単語も、初歩から勉強し直さないとダメだなこりゃ、と思い至ったわけです。

このブログでは

このブログではそんな「こりゃ初歩から色々勉強し直さなきゃダメかも」と痛感した私が、勉強や英語に親しむ中で調べたことや知ったこと、考えたことなどを書いていきます。

冒頭にも書きましたが、内容としては

  • 英文法
  • 英語の表現
  • 英語の勉強法

が多くなると思います。
よろしくお願いします。

ご連絡はこちらのフォームからどうぞ。

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の状況に応じて、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用されないようにする方法については、こちらをクリックして、設定変更をお願いします。

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。