おでんにあうのは何?おかずを含めた献立の組み合わせ。変わり種も

寒くなってくると食べたくなるのは、おでんですよね。
コンビニに並ぶようになると、無性に食べたくなってしまいます。

みなさんの家庭では、おでんの時は食卓に並ぶのはおでんだけですか?
それとも他にも何か出しますか?

我が家はおでんだけが食卓に出てくることが多いですが、しっかり食事っぽくサイドメニューを出すとしたら、何が合うかな? とふと思いました。

果たしておでんには、どんなおかずが合うでしょうか?

人気は「野菜」「混ぜご飯」「お漬けもの」

アンケート結果を見てみたところ、おでんと一緒に食べる献立として人気なのは、

  • 野菜
  • 混ぜご飯
  • お漬けもの
  • 味噌汁

の4つに大別されました。

野菜不足と彩りを補う「サラダ」「おひたし」「きんぴら」

おでんだけだと、ちょっと野菜不足ですよね。
気になる場合は野菜不足を補うための一品を用意するようにするといいでしょう。

彩りを加えるなら、サラダがおすすめ。
レタスやキャベツ、トマトに豆苗を散らしたものにハムを合わせても鮮やかですね。

また、おでんに合わせて和風の副菜も人気です。

  • ほうれん草や小松菜のおひたし
  • きんぴらゴボウ
  • かぼちゃの煮物
  • ナスの煮浸し
  • レンコンのきんぴら
  • ひじきの煮物

おでんに入ってる具材が白〜茶色に偏ってるせいか、緑黄色野菜や色のはっきりした野菜が人気のようです。

意外に人気、お味噌汁とお漬けもの

また、意外だったのが漬物や酢の物。
おでんに合わせる添え物として挙げているご家庭が多かったです。

意見を見てみると、箸休めのような感じですね。
あと

「おでんは手抜き料理だから、副菜に手間をかけたくない」

というもっともな声も。

みそ汁を追加するお宅もあるようで、味噌汁、お漬けもの(酢の物)と揃ってる時点で、やっぱり

おでん自体がそれだけで十分なおかず

という認識がベースにあるんだと思います。

あとは現実的に、食卓にすでに鍋がドンッ! と置かれている状態だから、スペース的にお漬物くらいしか出せない、というのもあるかもしれません。

でもおでんの鍋以外に箸休めがあるのは、ちょっと食卓が華やいでいいですね。

混ぜご飯でさらに具材を増やす!

おでんが既に具だくさんですが、さらに混ぜご飯や炊き込みご飯で具材マシマシにするご家庭も。

  • きのこタップリ炊き込みご飯
  • ひじきご飯
  • 茶飯
  • 菜飯
  • ゆかりご飯

炊き込みご飯や混ぜご飯は普通にご飯茶碗によそって食べても美味しいですが、おにぎりにするのもオススメ。

手づかみでパクパク食べることができます。
それになんと言っても用意する側も、おでんと合わせてお昼に仕込んでおけば、夕飯の時にラクができます。

手づかみといえば、おいなりさんという声もありました。
おでんの汁とおいなりさんの甘味が、とても合うそうです。

オーソドックスに白い炭水化物。

またご飯としては、白ご飯が一緒に欲しいという意見も多かったです。
おでん自体が出汁タップリですから、白ごはんに合いますよね。

出汁と言えば、うどんと一緒に食べるという人もいました。
うどん屋さんにもおでんが置いてあること、結構ありますからね。
それだけ合う、組み合わせとして求めている人がいるということかもしれません。

お肉や魚というのもアリ??

おでんは汁物=副菜。

そう考えて、お肉や魚料理を一品つけるというご家庭もありました。
おでんが濃い目の味付けになってるので、お肉の方はシンプルに塩コショウでソテーしたような、少し軽めのメニューにしているという意見も。

お肉の種類で人気なのは、鶏肉です。
「焼き鳥」という一票を見たときには、いかにも居酒屋っぽい雰囲気を感じて、なるほどー! と思いました。

おかずとは違うかも知れませんが、豚肉を用意しておでんの最後に味噌と合わせて豚汁風にする、というお宅も。

魚は焼き魚や煮付けが多かったです。

  • 金目鯛
  • カレイ
  • さんま
  • ししゃも

おでんだからこそ引き立て合うおかずも……

これは思いつかなかったけど合うだろうな! と思ったのが、熊本のからし蓮根。

からし蓮根というだけあって辛子がしみているので、辛子や粒マスタードを薬味に使うおでんとは相性抜群だとか。

そこで番外編として、個人ブログ等で「おでんに合うよ」とオススメされていた、一見変わり種の具材もご紹介していきます。

  • アスパラ
  • かぶ
  • とうもろこし
  • 里芋
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • トマト
  • ロールキャベツ
  • 玉子焼き
  • 餃子
  • ウインナー
  • 手羽元

ロールキャベツは、冷凍のものをそのまま入れると便利だそうです。
冷凍のロールキャベツは煮崩れしづらく、味も染みやすいとのこと。

トマトのおでんは最初は戸惑うかもしれません。
でも一度食べるとハマるそうです。

トマトのおでんは、東京銀座にある「銀座よしひろ」が発祥とされています。
由緒正しいというか、味の保証を感じますね。

トマトをおでんに入れる際には、トマトを湯向きします。
湯むきしたトマトを、10分~15分ほど煮込んで食べます。

大集合!各県代表、おでんの具、変わり種選手権!

先ほどのからし蓮根からヒントを得て、各都道府県で食べられている具材を調べてみました。

さすがに全ては紹介しきれないので、いくつかピックアップして紹介していきますね。
まだまだあなたの知らないベストマッチな具が、あるかもしれませんよ?

静岡県

静岡おでんといえば「黒はんぺん」が有名です。
黒はんぺんは青魚をすり身にしたものですが、皮や骨も一緒にすり身になってるので黒く見えます。
じゃこ天に近く、おでんの汁に染みてとてもおいしいんです。

また、豚の胃袋「ガツ」も静岡で食べられています。

富山県

富山県で食べられている「あんばやし」は、白こんにゃくを薄く切って串に刺したものです。
生姜の効いた甘辛味噌だれと合わせるのが人気。

滋賀県

真っ赤なこんにゃく「赤こんにゃく」。
地元では

「こんにゃくは赤いものだと思ってた」

と言われるほどポピュラーな素材です。

沖縄

「ウンチェバー」
聞き慣れないのでどんな食材だろうと思いましたが、空芯菜のことでした。

シャキシャキした食感で、よく中華料理に使われていますね。

石川県、新潟県

「車麩」これは味が染み染みになりそうですね!

まとめ

今回いろいろ調べてみて、

「おでんはもっと自由になれる!」

そんな風に思いました。

結婚を機に旦那さんに副菜を求められた、という人も結構見かけました。

おでんってのは、本当に各家庭それぞれなんですね。
新しく家庭ができたら、新しいおでんの味がまた生まれるのでしょう。

あなたのお宅のおでんは、どうですか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
おすすめの記事